<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

台北旅行記~梅子餐廰~

淡水から戻ってきて、台北最後の夕食は、台湾料理で有名な「梅子餐廰」へ。
市内観光の昼食で、系列店で頂きましたが、この前はツアーメニュー。
今回は、アラカルトで自分たちの食べたい物をしっかりと頂きたいと思います!

こちらのお店も、日本語で全然大丈夫! 3Fへ案内されましたが、おそらく全部日本人(笑)
私たちが乗るエレベータで降りてきた人たちは、昼間に永康街のマンゴーかき氷を食べたお店で一緒だったグループだし・・・、なんだか日本にいるみたい感じです。
このお店は、日本の有名な方々も来店しているようで、写真も何枚かありました。

さて、お昼もちゃんとした物食べていないので、腹ペコ状態の私たち。
台湾ならではのお料理を何品もチョイス!

e0126680_17263414.jpgまずは~、
しじみのにんにく醤油漬け。
屋台でも、貝を食べている方をたくさん見かけました。
でも、食べる機会を失い、最後のチャンスだったので、選んでみました。
かなりにんにくが効いていましたが、あまり気にせず(笑)頂きました。
もちろん、ビールによくあいました。
日本では生のしじみってあまり食べる機会なんですよね?
でも、これがおいしくて、日本でもどこかで食べられないでしょうかねぇ。










e0126680_17304864.jpg牡蠣のオムレツは、屋台でも食べましたが、やっぱりこちらは全然別物。
牡蠣の風味もしっかりとしていたし、付け合わせのたれもちょっとかわった味でしたが、おいしかったです!
















e0126680_17312470.jpgこちらは、たけのこの炒め物。
味噌炒めで、日本では味わえない味付けでした。
たけのこもシャキシャキしていて、ますますビールがすすみます(笑)



















e0126680_17371564.jpgそして名物蟹おこわ!
このために「梅子」に来たといってもいいです(笑)
お米も白米でなく、赤米っぽい物を使用し、松の実も入っていたり、独特の風味。
お値段なかなかですが、食べる価値あり!
このメニューは、ほとんどの皆さんが召し上がっていました。












台北の最後の夕食、そして2013年最後の食事は、おいしい夕食をたくさん頂き、大満足!
e0126680_1745619.jpg


台北では年明けと同時に、台北101というビルの建物から火が噴くというイベントが行われます。
本当は、こちらも見に行きたかったのですが、事前情報で大変込み合い、帰りの地下鉄に乗るのも大変。かといって、私たちのホテルまでは歩いたらとてもの距離だし・・・、で諦めました。
幸い、ホテルの廊下の窓から、ビルの頭が見えたので、少しだけ楽しめました。
(詳しくは、こちらのサイトをご参考に)
http://www.taipeinavi.com/special/5049651
[PR]
by NO83kingstreet | 2014-05-09 19:58 | 台北 | Comments(0)

台北旅行記~3日目 淡水へ~

永康街で少しお腹を満たした後は、再び地下鉄で淡水へと向かいます。

e0126680_13231179.jpg直通電車もあるのですが、私たちが乗ったのは「北投」止まりだったので、ここで乗換。
ちなみに、北投は温泉で有名な所です。

















乗り換えて、数分で淡水へ到着!
淡水は、台北市内とはちょっと違った街並みです。
観光地でもあるようで、お土産やさんや飲食店も非常に多く、なんとなく日本の観光地と雰囲気が似ていました。
e0126680_16382717.jpg


歴史的建造物もあり、お寺もあり、お散歩するには、とってもよい街です。
それにしても、今日はよく晴れました。台北に来て、ずっと雨やどんよりしたお天気だったのですが、晴天!
実は、今日が一番晴れて欲しかった日なので、ほんとよかったです。
e0126680_1638526.jpg

e0126680_16393258.jpg

e0126680_16412580.jpg



e0126680_13273570.jpge0126680_1329027.jpgお昼は、食べ歩きでこんな物を。阿香蝦捲。
えびのすり身をワンタンの皮に包んで揚げたものでしょうか。
行列していたし、はずれって物でもなかったです。
後は、写真にはありませんが、腸包香腸というホットドックのような物も食べました。
これは、昨日の夜市の屋台でも見つけたのですが、おなかいっぱいで食べられなかった1品です。
街をフラフラしていたらお店を発見!
ちなみにホットドックのようなものといいましたが、ホットドックと違うところは、パンではなくもち米という事です。もち米を平らにしてソーセージを挟んでします。
台湾ならではのフードです。
不思議な食べ物に出会う台湾は、淡水に来ても同じです。















さて、私たちが淡水まで来た目的は、といいますと、とってもきれいな夕日が見れるスポットがあるとの事で行きました。きれいな夕日を見るには、やっぱり晴れていないとね! それで、今日が一番晴れて欲しかった日なのです。

漁人碼頭という場所まで、フェリーで行きます。フェリーのチケットが無事に買えるかな? 時間とかもわかるかな? なんて、ちょっと不安だったのですが、チケット売場の女性が日本語大丈夫だったので、問題なく買えました! 相変わらず、日本語の通じる台北です(笑)

15分程度で到着! フェリーと言っても、小さな船なので、なんとなく恐かったですが・・・。
e0126680_1648551.jpg

e0126680_16491568.jpg


ヤシの木っぽい木もあり、台湾のベニスなど呼ばれているだけあり、なかなか雰囲気のよい場所です。人もあまりごちゃごちゃしていなくて、のんびり散策出来ました。
あとは、日が落ちるまで、スタバで時間調整。
実は、ちょっと薄着で来てしまった事もあり、風がだいぶ冷たく感じてきました。
さて、夕日はどんな感じでしょうか~!

e0126680_16525546.jpg

e0126680_16531455.jpg


やっぱり、ここまで来たかいあって、きれいでした。しかも、2013年最後の太陽を、こんなきれいな景色で見れたなんて!
そうなんです、実はこの日は日本では大晦日でした。台北市内は、年明けのイベントがありますが、淡水では静かな感じでした。

フェリーを降りて、駅に着くころには、すっかり暗くなっていました。
淡水川周辺のお店も、昼間とはすっかり変わった感じです。

帰りも地下鉄で帰りましたが、台北市内のイベントへ向かう人が多く、とっても電車は混んでいました。
e0126680_1658946.jpg

[PR]
by NO83kingstreet | 2014-05-06 13:41 | 台北 | Comments(0)

台北旅行記~3日目 龍山寺から永康街へ~

龍山寺周辺のお寺巡りをしてから、山水街へ。
この通りは、地元の方々の台所なのでしょうか、野菜や肉魚など売っていました。
e0126680_12464384.jpg

e0126680_1247191.jpg

ちょっとグロテスクな感じな物もありましたが、異国の雰囲気を味わいました。


山水街の終点まで歩き、今度は剥皮寮を散策。
e0126680_12492288.jpg

清朝時代の古い街並みで歴史保存地区との事でした。
観光客がほとんどでしたが、ここでは日本人らしき方とはお会いしませんでした。
龍山寺には日本人比較的多かったのですが、その他の場所では日本人とは合わず。皆さん、龍山寺だけで移動してしまうのでしょうか?

駅に戻り、地下鉄で移動、今度は永康街へ。
ここは、小籠包で世界的にも有名な鼎泰豊の本店があるところです。
e0126680_12565374.jpgお店の前は、人であふれかえっていました。
電光掲示板で、何番の人って呼び出しされていました。
台湾では、この方式らしいです。
私たちは、横浜でも食べられる鼎泰豊は置いておいて・・・
台湾ならではの名物料理へ。
















e0126680_134979.jpgネギ焼きで有名なお店です。
天津葱抓餅の加蛋を頂きました。
加蛋というのは、普通のネギ焼きに卵が入っているのもです。
当然言葉は通じませんので、ガイドブックを見せて、「加蛋」という文字を見せて注文(笑)
ちゃんと頂けました!

その後は、このお店の斜め前にある思慕昔でマンゴーかき氷を頂きました。
e0126680_1372879.jpg


e0126680_13124029.jpgこちらのお店も、有名店。
たくさんの人がいました。
ここのかき氷の特徴は、パンナコッタがのっています。
量がかなり多く、しかも冬。日本の冬よりは暖かいですが、冬に外でかき氷というのもどうか・・・と自信がなかったのですが、この日は比較的お天気も良くかき氷日和?だったので、ふたりで食べきりました。
この時期、マンゴーはシーズンオフで冷凍のマンゴーでしたが、普通においしく頂きました。








永康街で、おいしい物を頂いてから、いよいよ本日のメインの観光地、淡水へ向かいます!
[PR]
by NO83kingstreet | 2014-05-05 13:19 | 台北 | Comments(0)